2016年9月28日水曜日

海水水槽 育成編27 招かれざる何か釣れました!

こんばんは!

BB Aquaです。

前回は、スターポリプについてでした。

今回は、招かれざる何かが釣れました・・・・というお話です。


ふと、仕事から帰宅して何気なく水槽をみたら、水流を確保するためのRioフィルターの中に何かがいます。


ん・・



なんか、いる?・・


・・

・・・

・・・・






なんかエビっぽい何かが・・・


いるような・・・


あ、しかも動いている・・


これは・・


もしかして・・


シャコ??


明らかに甲殻類です。



まさか、、Rioフィルターに入っているなんて!!!

まだ動いているので、、、そのまま水槽にもどったら大変です。


慎重にポンプを止め、Rioフィルターを取り出して、

よく見たところ、↓でした。







うーん、わかんないけどシャコっぽいです。

招かれざる客ですね。。

導入時にはリバイブ浴をしているのですが、取り逃したようです。。。。



甲殻類は割とリバイブでとれるのですが、ライブロックの穴に入っていた幼生が大きくなったのでしょうか。。

経緯は謎ですが、採れたことが良かったことですね。


他にもまだまだライブロックには生物が潜んでいそうです。






さて、水槽はというと、、今のところ順調に見えます!!






こちらに参加してます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

お願いします!ポチってください!




チャーム本店

2016年9月27日火曜日

海水水槽 育成編26 スターポリプがやってきた!

こんばんは!

BB Aquaです。

前回は、カリビアンバブルディスクについてでした。

今回は、秋の導入祭り、その3です。

スターポリプ
がやってきました。



ボケててすみません。

沖縄産 スターポリプ センターウルトラグリーン Sサイズです。




ライトで飛んでしまっていますが、センターはグリーンです。

ポリプはそんなに長くありませんでした。ショートタイプなのでしょうか?

それとも成長すると伸びるのでしょうか・・・


これも丈夫なものらしいです。

しかも

『ソフトコーラルの中でもポピュラーな種類で共肉が岩を覆いながら殖え、ポリプが開くと芝生のようになります。』

ということで、、、楽しみです!!

ライブロック全面を覆えるように、また水流でたなびくようにできるのか、

そのあたりも・・・楽しみです!!



秋の導入祭り3種をどのようにレイアウトするか、目下の僕の悩みです。


とりあえず、おいてみただけなので、あれこれ配置を悩みつつ決めていきたいです。

最後に全景を。






それでは、また!





こちらに参加してます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

お願いします!ポチってください!




チャーム本店

2016年9月25日日曜日

海水水槽 育成編25 カリビアンバブルディスクがやってきたっ

こんばんは!

BB Aquaです。

前回は、ナガレハナサンゴについてでした。

今回は、秋の導入祭り、その2です。

カリビアンバブルディスクがやってきました。




ボケててすみません。

ツーマウスなタイプです。


icon icon

ツーマウスタイプだったので上記とちょっと違いますが、綺麗なグリーンです!!!





ナガレハナサンゴと比べると色の濃淡がずいぶん違います。

淡い色と濃いめの色とですね。


ちょっとPCの調子が悪くてうまく画像が取り込めてないのでもっと綺麗にとれたら画像はUPし直します。





カリビアンバブルディスク
温度     → 24度前後
照明     → 強(60cm水槽で蛍光灯20W4灯以上またはまたはメタルハライドランプ150W以上―青・白系)
水流     → 中(ポリプがたなびく程度)
餌      → 与えれば食べる(液体フードを週1回程度)
水質     → 硝酸塩がほぼ検出されない清浄な水・カルシウム他微量元素の添加が必要

カリブ海に生息するディスクコーラルの一種で、触手の先端が膨らんでいるのが特徴です。
カラーはグリーン、オレンジ、ブルーのほか色が混じるものなど多彩なバリエーションがありコレクション性の高いサンゴです。

色揚げなど状態良く飼育するにはライトの色や硝酸塩の蓄積などに気を配ってあげる必要があります。

→やっぱり硝酸塩は何とかしないといけないですね。。

給餌に関しては光合成に依存している率が高いので基本的には不要ですが与える場合は月に2~3回、ふやかしたクリルを与える程度で十分です。

また他のサンゴと比べると毒性はやや強いので他の種類とレイアウトする際は近すぎないように配置しましょう。

一般的なディスクコーラルに比べると価格は高めではありますが、状態がよいと分裂してどんどん増えていきます。

→確かに!ちょっと高かったですね。。。1枚のお値段だし。。。どんどん増えてください!




ディスクコーラルはパープル、グリーンに続き3種類目です。

ですが、1枚の単価が違いますね!



ディスクコーラルも、ナガレハナサンゴと一緒にリバイブ浴してから入海させました。

サンゴも増えてきてちょっと華やかになってきました!


僕の腕で増やすことができるのか、、、ダメにしてしまうのか。。。。

ワクワク、ドキドキです。



それでは、また!





こちらに参加してます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

お願いします!ポチってください!




チャーム本店

2016年9月24日土曜日

海水水槽 育成編24 ナガレハナサンゴがやってきました!

こんばんは!

BB Aquaです。

前回は、ブラインシュリンプについてでした。

今回は、秋の導入祭り、その1です。
ナガレハナサンゴがやってきました!!!





・・

・・・




初めてのハードコーラル、LPS(ラージポリプ)です。

初心者がこんなモノを導入して良いのでしょうか?

ちゃんと育てられるかわかりません!


改めて・・・・・



ナガレハナサンゴ グリーン Sサイズ

icon icon



ナガレハナサンゴ グリーン
温度     → 20~25度
照明     → 中~強(60cm水槽でブルー系蛍光灯20W3灯以上、またはブルー系メタルハライドランプ150W)
水流     → 弱~中(触手が緩やかにたなびく程度の太い水流)
餌      → 不要
水質     → リン酸、硝酸塩の少ない清浄な水質

イソギンチャクのような触手をもつチョウジガイ科ハナサンゴの代表格ともいえる種類で、触手の先がT字形になるのが特徴です。

色彩のバリエーションが多く、褐色、グリーン、ブルーグリーンや紫がかったものなど、また先が色づいた個体や茎が色づいた個体など様々なものが存在します。

ゆらゆらと水流に揺れる触手がとても優雅美しいハードコーラルです。

少々クセのあるサンゴですが要点さえ抑えてしまえば育成はそれほど難しくありません。

水流は強すぎると弱ってしまうので、触手が緩やかにたなびく程度にサンゴ全体にあたるような太い水流が適しています。

照明はそれほど強すぎず、ほどほどの光量が適しており特にブルー系のランプを多めに使用すると本種の美しさが際たちます。

微量元素の不足、とくにストロンチウムの不足に弱く、これが不足すると骨格から共肉が剥がれてしまう症状に陥ってしまうので、定期的にストロンチウムの添加剤やアラゴナイト系の底床材および添加剤の使用が有効です。

→いよいよ添加剤かな。。

また、特に本種は導入時など急激な環境変化にさらされるとブラウンジェリーという褐色になりドロドロに腐食してしまう症状になりやすい面があります。

一度ブラウンジェリー化したポリプが持ち直すことはなく、ほぼ確実に死んでしまうので水槽内の環境に馴染まないうちは特に注意が必要です。

→怖いですね・・・



最初に、チャームさんから届いたときは、、、

こんな感じでした。


(覚悟はいいですか?)


・ ・ ・

・ ・






ひょえーーーーーーーーーー

グロいぃ・・・・・?

めっちゃがぁああ・・・・ ある

あるね。

あるさ。

ハードコーラルですからね!!



これがホントにナガレハナサンゴ



その後は、恒例のリバイブ浴です。

じっと待つこと45分。


・・

・・・

リバイブ凄いね。

ニョロニョロが、とれちゃいました!

僕としては、リバイブ浴が必要だと思います。



さて、早速配置です。




ゴツゴツしてるわ~。

そして、しばらくすると


・・

・・・




出てきたぁ~~~~!!!!



そして、らいとがつくと・・・






うぉ~、これです!!


たなびいてる・・・ すごい綺麗だ・・・

それより、これでSサイズ?

結構大きい!!

写真的にはMサイズぐらいある?

とにかく、大満足!


ちょっとテンション上がりました!!!!



それでは、また!





こちらに参加してます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

お願いします!ポチってください!




チャーム本店

2016年9月22日木曜日

海水水槽 育成編23 湧かしてみようブラインシュリンプ!

こんばんは!

BB Aquaです。

前回は、サンゴイソギンが・・ということをお伝えしました。

今回は、ブラインシュリンプを湧かしてみたいと思います。




・・

・・・

えい!





湧きました!!


ということなのですが・・・

お伝えしたかったのは、ブラインシュリンプといえば有名なハッチャー。

うちでは、コレを使ってます。


icon icon




まず、ハッチャーの内側の線、白い線がついてますので、そこまで水をいれます。

うちでは水道水そのままにコントラコロラインで塩素を中和します。





付属のスプーンですり切り一杯に塩をいれます。

うちではただの塩です。

本当は人工海水で使う塩を使った方がいいかもしれませんが、勿体ないので!!






そして、ブラインシュリンプエッグをハッチャー付属の小さいスプーンにすり切り一杯入れます。


あとは強めのエアレーションで24時間程度放置します。。。


そうすると最初の写真のようになります。





24時間後、エアレーションを切って、しばらくすると分離されます。

上部に割れた卵の殻、一番下に付加しなかった卵、これらは最初のエッグの色です。

焦げ茶色とか黒色に近い感じですね。


それ以外の明るい茶色の部分が孵化したブラインシュリンプです。





秘密兵器、その1です。

ステンレスの茶こし!!コイツで濾します。





秘密兵器 その2のデカスポイント

これで、ギュボッ・・・!!!!っとブラインを吸い出して茶こしで濾します。




あとは、軽く水洗いして余分な塩分を流し、スポイトで適量水槽にいれます。

うちは、淡水水槽にも入れます。





白い点がブラインですが、わかりにくいですね。

カクレクマノミもアケボノハゼもロイヤルグラマもばく食いです。




食べている画像ではないですが、なんとなく載せてみました。。。





淡水のほうは入れ立てで粉雪のようになってますが、二酸化炭素の気泡とゴッチャに写ってます♪

魚はハイボディコバルトブルーラミレジィです。






おまけの画像です。水草 リスのしっぽが光合成をしてる画像です。



それでは、また!





こちらに参加してます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

お願いします!ポチってください!




チャーム本店

海水水槽 育成編22 サンゴイソギンが、うぁ。

こんばんは!

BB Aquaです。

前回は、その後の水槽についてでした。

今日は、またもサンゴイソギンが・・です。



なんだか、微妙な位置にさがってきました。



きゅっと萎み・・・





また広がりました。

ただ、なんか、、、ダラン・・・としてます。。。


なんだか、ちょっと不安ですね。。

2回目のヤバさ。


今回はいじらず、そのまま様子を見る作戦をしてみます。

うーん、サンゴイソギンチャクは鬼門かなぁ。。




それでは、また!





こちらに参加してます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

お願いします!ポチってください!




チャーム本店